eトレ1000枚できるかな?

今日はeトレの掲示物を増やしました。
増やしたというより、場所を変更したという方が正しいかもしれませんが…。

eトレ1000枚できるかな?

プリントを出力してどんどん解いていく形の学習システム「eトレ」
自分がどれだけ解いたのかを、目に見える形で掲示しています。

今回は、貼り替えのためピンク色のところは印刷で出しましたが、
普段は2週間に1度程度、私がeトレのソフトで進捗状況を見て、
マーカーでラインを引いています。

(^_^;)実は、どこに貼ろうか悩んでいて1ヶ月位放置していたら生徒たちに
「いつ貼るの?」
「もう100枚超えた?」

と急かされてしまいまして…。

普段「やるべきことは後回しにするなよ!」と言っている私ですが、
自分が後回しにしていました(^_^;)

ということで!
今日こそはeトレの掲示物を貼るぞ!という意気込みで塾に来たのでありました(笑)

努力の見える化

努力というものは目に見えません。
しかし、プリントの枚数は目に見えます。

自分がどれだけ頑張ってやったか。
それを視覚的に、わかりやすく掲示してあげる。

そうすれば、「もっと頑張ろう。」とか
「もうちょっとで300枚達成できるぞ!」など、目標を持つことができますね。

たくさんやれば良いというものではない。
しかし、圧倒的に演習量が足りない子が多いのも事実。

『量より質だ!』という声もあります。
しかしながら、指導してきて感じることに「演習量が足りない子が多い」という問題が上げられます。

うまくできないことも、続けていく内にコツを掴んで、出来るようになる。

そう、例えば自転車の運転のように。

できる子はすぐできる。できない子も練習すればできる。

自転車。どれだけ練習してできるようになりましたか?

結構すんなり乗れてしまった子。
公園などで練習して乗れた子。

それぞれかけた時間。練習時間は違うと思います。
少しの時間でコツを掴める場合と、そうじゃない場合があります。

「スピードを上げたほうが安定するよ。」
とか
「前の方を見て、まっすぐ運転しなさい。」
など

アドバイスをすることは出来ますが、
実際に自分でやってみないことには、その感覚というものはわからないもの。

勉強だって量が必要だ。

勉強のコツ・方法などを教えることは出来ます。
でも実際にやってみて、自分の感覚として掴むためには、ある程度の演習をしなければ。

eトレは基礎力を養うのにとても優れたツールですね。
今は小学生と・中学生の一部に利用していますが、もう少し積極的に取り入れて行きたいと考えています。

それでは。